さんごのおはなし

サンゴ礁保全、さんご、沖縄、さんごのおはなし、こども、イベント、自然

前回の「さんごのおはなしをつくろう!」で こども達が全員で紡いだおはなしを紹介します

 サンゴ礁保全、さんご、沖縄、さんごのおはなし、こども、イベント、自然

 さんごのおはなし

 

あるところに、小さな小魚がいました。
小魚は大きいさんごの中にくらしていました。
他にも色々な魚がいました。
みんな なかよく くらしていました。

その中に、一匹だけカニがいました。
エビも一匹だけいました。
小魚にはたくさんのなかまがいました。

 

ある日、さんごの近くにオニヒトデが来ました。
オニヒトデはさんごをたべようとしましたが、
近くに来たときにカニがハサミを出してさんごを守りました。
オニヒトデはにげていきました。
カニは一匹だったけど、さんごをたすけたので、
たくさんともだちができました。
エビはカニがうらやましくなったので、
またオニヒトデがやってきたときに
さんごを守ろうとしてオニヒトデのトゲをおりました。
オニヒトデは「いた!!」といってにげていきました。
エビにもなかまがいっぱいできました。
大きなさんごの中に住むなかまたちはみんななかよくなりました。
ある日、サメが来ました。
みんなで力を合わせてサメをおいだしました。
その中の1匹の小魚がたべられようとしたので、
カニとエビがサメのはをボキッ!とおりました。
ある日、ジンベイザメも来ました。
今度は小魚がみんなを守ろうとしました。
ヒトデもやってきたし、クジラもやってきました。
さんごはどんどん大きくなって、
サメもジンベイザメもクジラも
みーんなこのさんごにすみました。

さんごのおはなしをつくろう!

© ぷろおきなわ

沖縄県立博物館・美術館こどもアトリエ

2017/2/26

 

親子でビーチクリーン&刺繍体験イベント開催!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です